あなたのマイホーム購入の 《転ばぬ先の杖》 とは?

 不動産の相場も底打ちした感のある昨今、マイホーム購入には「チャンス!」だとは思いますが、
決して焦ってはいけません。 住宅購入で失敗をして、

500万円や1000万円を損する人は数多くいます。

一方、マイホーム購入後のライフプランを確認したうえで、長期的に資産価値が落ちにくい物件を買えたなら、最高の年にすることができるでしょう。

あなたがマイホーム購入を本格的に進めていくとき、どんな点を不安に感じると思われますか?

私自身も、自らも3回の不動産購入を実践していますが、

大きな不安は2つあることがわかりました。


 【不安1】 「本当にお金は足りるのか?」
 【不安2】 「この物件は大丈夫か?」



▼お金の不安は、現在・将来・万が一の3つに分類できます。

【現在のお金の不安】
 「現在のお金は足りるのか――そもそも買えるのか?」
   金融機関の審査基準を満たすことができそうか

【将来のお金の不安】
 「住宅購入後、将来にわたってお金は足りるのか?」

   教育資金がかかる時期や、退職後も返済できるのか

【万が一のお金の不安】
 「住宅購入後、収入が減ったりしても大丈夫なのか?」
   収入が減っても住宅を手放さずに済むのか



「借りられる金額=返せる金額」ではないので注意が必要です。


▼物件の不安は、機能・環境・相場の3つに分類できます。

【物件の機能に関する不安】
 「物件自体に問題はないか? 欠陥はないか?」

【物件の環境に関する不安】
 「物件の周辺環境に、問題はないだろうか?」

【物件の相場に関する不安】
 「物件価格は妥当か? 相場よりも割高ではないか?」



このような不安から決して逃げないことが大切です。

現在から将来にわたるお金の不安
物件の機能・環境・相場に関する不安
全て自分で解消できる方は、問題とならないでしょう。


しかし、ご自身で不安を解消する自信がない方は
大きな失敗を避ける「転ばぬ先の杖」として


以下にご紹介する、マイホーム購入支援サービス

   住宅購入あんしんサポートパック

の利用を、心よりお薦めいたします。このサービスは、